香港買物事情

香港は世界中の有名ブランドが直営店や系列店を持ち、まさに世界のショッピング・ストリートが集中したショッピングパラダイスです。また、近年では、アジアのファッショントレンドのひとつとして香港ブランドも注目されており、衣料品やバッグなどの小物も見逃せません。香港島北岸や九龍の中心街には、そうしたブランドを扱う大きなショッピングモールやデパートが数え切れないほど揃っています。

香港のデパートやショッピングモール、一般の店舗などでは、年に2回大きなバーゲンセールの時期があります。夏は6月頃からら8月一杯まで、冬は11月頃から旧正月の直前までがセール期間となっており、割引率は一般に日本よりも高く、またそのシーズン内に値下げ率もどんどん大きくなります。シーズン終了直前には7~8割引き、などといったかなり大きな割引があり、これを目当てにリピートする旅行者も多くいるほどです。

香港の代表的なお土産としては、やはり中国本土から来る陶磁器や翡翠、彫刻、硯といった工芸品が有名です。中国茶も中国各地から集められた銘茶が数多く揃っており、茶器もハイクラスでセンスのいいものが揃います。こうしたものは繁華街にある土産物屋などでは粗悪なものを扱っていることも多く、また値段も高いのが常です。こうした中国の特産品は、信用のおける地元デパートの「裕華国貨」で買うのが安心です。このデパートは香港内に幾つかの店舗がありますが、尖沙咀界隈だけでも4店舗があって街歩きのついでに気軽に寄ることができます。

また、チャイナドレスに代表される中国服もオーダーメイドが手軽にできるショップが数多くあります。その他、手芸品などチャイニーズテイストの溢れる雑貨などが伝統的なお土産の定番でしょう。ちょっとした手土産程度のものでしたら、街角の土産物屋ではなく、屋台街などの地元の人も多く集まるところが狙い目です。ちょっと趣味のいい気の利いたものを探すなら、中国デパート「中藝」やレトロモダングッズの「上海灘」などが人気です。

香港でのショッピングで気をつけることは、宝石や貴金属、ブランド物の時計など、高価な商品を購入する際には必ず保証書を確認することです。今はかつてのように偽物を掴ませられることは稀になりましたが、中には悪質なショップもありますから、高価なものは特に信用の置けるお店で購入することが大切です。また、一般の店舗やショッピングセンターの営業時間はそれぞれ異なりますが、かなりの店が夜の10時頃まで営業しています。また、年によって時期は変わりますが、旧正月の期間には殆どのショッピングスポットが休業となりますので、ショッピングが目的の旅行では旧正月の期間は避けるようにしましょう。