香港街角面白ショッピング

香港は街歩きが面白く、露店や屋台が集合する露店街、いわゆるストリートマーケットでの冷やかしや買物も楽しいものです。そんな買物スポットではチャイナチックな雑貨やチープな衣料、香港ならではのマニアックなグッズも揃いますし、思わぬ掘り出し物を発見するかもしれません。

◆廟街
地下鉄の佐敦駅と油麻地駅の間、メインストリートと平行して南北に600メートル続く屋台街で、別名「男人街」とも呼ばれています。主に男性を対象とした商品が多いが、Tシャツやアクセサリー、時計などの格安商品もずらりと並んでいます。天后廟近くには路上で広東オペラをやっている一角があったり占い商の集まる一角があったりと、昔から変わらない通りです。

◆女人街
地下鉄旺角駅から程近い通菜街にある屋台街で、別名「女人街」とも呼ばれています。。主に女性の衣類や雑貨、アクセサリーが中心で、レトロっぽいものや遊び心のあるユニークなものが多く、見て歩くだけでも楽しくて、香港ならではの遊び心のあるものが溢れています。食べ物の屋台もあって、ちょっとしたおやつになります。

◆利源東街、永吉街
中環の近代的な高層ビルの谷間にも露店街があり、利源東街では主として女性物の衣類の店が集まっています。Tシャツやアクセサリー、アンダーウエアが中心です。中環と上環との間にある永吉街では、洒落たデザインながらリーズナブルな洋服やアクセサリー類の店が多く集まり、地元のOLの人気が高い露店街です。

◆上海街
九龍エリアの油麻地から旺角にかけて約2キロにわたっている上海街は、1940年代からの20年間、香港で最も栄えていた通りです。今も当時の名残である老舗のショップが残っており、厨房器具や衣料、雑貨、仏具などローカル色の濃い街です。

◆赤柱(スタンレー)マーケット
香港島の東南部、かつては監獄の街というイメージでしたが、近年は欧米人の多く住む街のどかな海辺の街としてのイメージが定着しています。ここでは、普段使いのスワトゥやコットンなどの布製品、チャイナなお土産品などが市街地よりも安く手に入ります。そしてDCブランドのアウトレットを扱う店が多く、ブランドファンには見逃せないマーケットです。