香港グルメ

グルメのパラダイス、香港には中華料理をはじめ質の高い世界中の料理が集まっています。だけどせっかく世界で一番中華料理のおいしい香港へ来たからにはやはり様々な中華料理を味わってみたいものです。日本と比較すると、本格的な中華料理がリーズナブルに味わえるのが香港の大きな魅力です。香港では、やはり海鮮の食材が豊富でさっぱりしした広東料理のお店が一番多くあります。

フカヒレやアワビ、帆立などの乾物もよく使い、「食は広東にあり」といわれるほど素材や調理の種類が豊富なのが広東料理です。北京料理は宮廷料理から発展した手の込んだ料理で、最高級素材を使い香辛料を多用する味付です。こってりした甘辛味や保存食も多い上海料理、唐辛子や山椒をよく使うピリ辛の四川料理のほかに、山東料理や潮州、福建など、各地方の料理店が揃っています。

また、香港には、一般のレストランとは違う、B級グルメのような手軽に入れる形態のお店が沢山あります。麺粥屋は、その名前通り麺や粥の専門店で、魚のツミレ(馳名炸魚球)や牛肉(牛肉粥)、豚肉の薄切り(肉片粥)、肉団子(肉丸粥)、イカのツミレ(墨魚丸)、雲呑、海苔(紫菜)などが入ったお粥や麺をリーズナブルに味わえる店です。麺もラーメンのような黄色い麺や河粉と呼ばれる米粉から作った幅広の麺、米粉と呼ばれる細い米麺など、幾つか種類があります。

茶餐廳という、そのまま日本語にすれば喫茶店になりますが、いわゆるB級グルメの食堂のようなお店もあり、お粥やオカズ乗せご飯、スープ、サラダ、即席麺、焼きそば、炒飯、コーヒーなどの各種飲み物、トースト、サンドウィッチ、スパゲティ、マカロニなど軽食のオンパレードといった感じのお店です。メニューが多い上にオリジナルのものもあって、コーヒーと紅茶をミックスした鴛鴦茶などは香港にしかありませんから、一度試してみるのもいいかもしれません。

甜品専家と書いてあるのは甘味(デザート)のお店で、今はやりの許留山や糖朝といった今風のデザート店ではなく、昔ながらの様々な種類のお汁粉や金蛋鶏蛋というカステラのようなものが味わえるお店もあります。許留山や糖朝というのは、香港のいたる所にあるフルーツデザート系のチェーン店で、マンゴープリンや天然果汁のジュース類がおいしいデザート系レストランです。