香港のタクシー

香港では、タクシーの料金は比較的安いので、近距離での移動には乗り換えすることもなく便利に利用ができます。タクシーの乗り方は、日本と同様に空車に手を上げれば止まってくれますが、香港でも停車禁止エリアがあり、道路に黄色のラインがある場所では一時停車も禁止ですのでタクシーも止まりません。香港では、タクシーは日本のように深夜割り増しがあるわけではなく24時間料金が変わりませんから、夜遅くなったときにも気軽に乗ることができます。ただし、何処の国でもそうですが、深夜に女性が一人で利用することはお勧めできません。

また、香港のタクシーの便利な使い方としてお勧めなのが、街歩きで迷った場合です。タクシーは少し広い道ならばすぐに拾えますから、自分の分かる場所を伝えれば、簡単に迷子から抜け出すことができます。香港のタクシーは営業エリアによってその色が決まっており、同じエリアを走るタクシーはすべて同色で統一されています。香港島や九龍など殆どのエリアでは赤、ランタオ島では青、新界では緑です。基本的には空港やディズニーランドへの行き来以外は他エリアへ乗り入れできません。ですから、エリア間をまたぐ場合にはその境界で乗り換える必要があります。

料金は地区によって若干違いがあり、香港島や九龍エリアでは初乗りが2キロまで15香港ドル、その後0.2キロごとに1.4ドル掛ります。新界やランタオ島などでは初乗り、追加料金ともにもう少し安くなります。2キロの距離は、九龍エリアの尖沙咀から油麻地、香港島エリアの中環から湾仔までくらいの距離で、ちょっとした移動だと殆ど200円ちょっとで行ける感じです。ただし、トランクを利用する大きな荷物などがある場合には、日本と違い1つにつき5ドル程度の荷物料金が加算されますし、トンネルや橋を渡る際にもその利用料金は乗客払いとなっています。チップは、最近では要求する運転手も少なくなりましたが、観光客と分かると請求される場合も時々あります。無用なトラブルを避けるためにも、おつりの小銭くらいはそのまま渡せばいいでしょう。