香港島北岸エリア(銅鑼湾からハッピーバレー、北角)

湾仔を東に進むと香港島随一の商業地区である銅鑼湾エリアとなります。ここでは毎日正午になると大砲の空砲が打ち鳴らされるのが有名ですが、この行事はかつてイギリス統治初期にジャーディンマセソン商会が始めたもので、それが中国返還後の現在でもいまだ続いています。その阿片貿易商のジャーディンマセソンが、本拠地として開発し商業地として発展してきたのが銅鑼湾です。今では地下鉄銅鑼湾駅を中心に、ホテルやデパート、ショッピングモールが集中し、洒落た店舗やレストランが街中に無数に広がっている大商業エリアとなりました。

旅行者にとっても、交通の便もよく買物や食事にとても便利なエリアですから、街の人並みは地元の人々と旅行者が混じり合っています。日系デパートのそごうや西武、三越があるのもこのエリアで、タイムズスクエアやリーガーデンズ、ファッションアイランドなど数多くのショッピングモールがあり、とても一日では回りきれないほどです。また、銅鑼湾の東のはずれには日比谷公園の2倍の広さを持つ巨大なヴィクトリアパークがあり、香港庶民の憩いの場として朝から夜まで賑わっています。

銅鑼湾を東へ進むとハイソの街として有名なハッピーバレーがあります。ここには香港競馬場もあり、レース開催日には多くの人で賑わう街です。ハッピーバレーから東へ進むとしばらくは高層の住宅街が続き、香港の人々の普段着の姿が見られます。住宅街をなお東に進むと、この香港島北岸エリア最東の繁華街である北角の街に入ります。

北角は、地元住民の生活に密着した繁華街で、観光名所的なものは何もありませんが、街を散策して地元の生活に触れて盛るのもいいでしょう。トラムに乗ってこの街までやってくると、終点の北角街市の一角へ電車が突入して行きます。昔はこのトラムの軌道にまで屋台が出張っており、トラムが突入していくと慌てて屋台を引っ込めるのが見ものでした。今はそうした屋台の多くは街市の中へ移されましたが、いまだ屋外に広がる様々な屋台を冷やかすのも面白いです。