九龍エリア(尖沙咀)

九龍エリアで最も賑わうのが、九龍を南北に走る彌敦道 (ネイザンロード)です。九龍の街はこの大通りを中心に作られており、周囲は碁盤の目のように区画されたエリアです。九龍の南の突端となる尖沙咀(チムサアチョイ)は、彌敦道の始まりとなる地区で、新界方面からのバスもここに集中します。また、対岸の香港島北岸へ渡るスターフェリーの埠頭もあり、九龍地区の交通ターミナルにもなっています。

かつては、中国大陸からの鉄道の終着駅であった九龍駅がありましたが、今は時計台が残っているだけで、その跡地付近は香港文化中心や香港藝術館、香港太空館など各文化施設が建ち並んでいます。尖沙咀から海沿いを東へ進むと尖沙咀東部で、近代的なオフィスビルやショッピングモール、ホテルなどが整然と建ち並んでいます。地下鉄の尖沙咀駅から彌敦道を北へ進むと、旅行者向けの高級な店舗が続きます。通りの西側一体には、有名な老舗のペニンシュラホテルを始め数々のホテルやショッピングモールが海沿いまで続いています。

通りの東側一帯は、古くからのごちゃごちゃした街並みが広がり、まさに玩具箱をひっくり返したような街並みで、無秩序に並ぶ様々な店を冷やかして歩くのも楽しいです。安宿で有名な重慶大厦があるのもこの界隈で、彌敦道に面した重慶大厦の辺りには雑然で混沌とした雰囲気が漂っています。彌敦道をもう少し北に行った東側には、衣料や雑貨、飲食店の洒落たお店が並ぶグランビルロードやキンバリーロードがあり、香港の若者で夜遅くまで賑わう通りです。彌敦道をもう少し北に行った西側一帯には、九龍公園が広がっており、歩き疲れたらここでほっと一息つくのもいいでしょう。