香港島北岸エリア(上環から中環)

香港島北岸の西部にある上環は、まだなお古い広東風の建造物が数多く残る街で、昔の香港のイメージがそのまま残っている街です。昔はこの辺りが香港の商業の中心地で、今も当時の面影がある昔からの海鮮乾物問屋街や漢方薬店、葬儀関係のお店などが集中している街です。また上環には、山側を東西に走る荷李活道(ハリウッド・ロード)に文武廟という香港島最古の廟があり、そこから坂を下って行くと、がらくた市で有名なキャット・ストリートがあります。フェイクの骨董品や古い生活用品が所狭しと並べられてお冷やかしてあるくだけでも楽しいです。

中環(セントラル)は、香港の政治、経済の中心地で、また世界の金融の中心地でもあります。ここには各国の主要銀行が支店を持ち、国際的な企業のオフィスも数多くあって香港一の大ビジネス街です。中環を代表するオフィスビルの香港上海銀行や国際金融中心二期などの超高層ビル群と、背景に迫る山との対比が圧巻です。

また、このエリアには屋台から高級レストラン、少し山側には食の新名所「ソーホー」や洒落たバー街の「蘭桂坊」など、あらゆるレベルの食やナイトスポットが揃っているエリアです。そして、置地広場(ランドマーク)やプリンスビル、ザ・ギャレリアやチャターハウスなど、大型のショッピングモールや様々なショップが集中しているショッピングの街でもあります。そんな大都会の繁華街を少し山側に行くと、昔ながらの庶民的な商店が続くウエリントンストリートやスタンレーストリートがあり、新旧が入り混じったエリアでもあります。