天気と気候

香港は亜熱帯気候に属し、春から夏の期間が長くて中国大陸の熱帯低気圧と海からの季節風の影響を受け高温多湿ですが、秋から冬にかけては短い期間ですが、温暖で乾燥しており過ごしやすい季節です。観光のベストシーズンは、10月~12月の秋から初冬にかけてが一番といわれ、この時期には爽やかに晴れる日が多いです。1月~2月の香港は本格的な冬の到来で、寒い日には日中の最高気温が15度くらいになります。 朝夕には10度を割ることもあり、コートを着込む人が増えるのがこの時期です。ただ、寒い日本からだと逆に暖かくて過ごし易く感じられる程度で、厚手のコートなどは当然必要ありません。

3月~4月にかけては雨の降る日も多く湿度が毎日80%以上にもなり、平均気温は最低で18度、最高で27度くらいになります。この時期には雨具は必携で、気温も上がり屋外では半袖の人が多くなっています。ただ、香港のショッピングセンターやレストランなどは、冷房がきついので何か羽織れるものがあると快適でしょう。5月~7月になると雨の降る日はますます多くなります。といっても一日中降っているのではなく、朝のうちに強い雨が降っていたのに午後にはカラッと晴れるということも度々あります。気温は平均最低気温が25度、最高気温は33度くらいです。8月~10月は台風が到来するシーズンで、マカオ行きの船舶や湾内のフェリー、空の便、香港島の2階建てトラムなどの交通機関がストップしてしまうことがあります。

その時期にはテレビで警報のレベルが表示され、その5段階のレベルによって学校や企業、官公庁が休みになります。ただ、普段は晴れていることが多く、そんな時には日差しもきつく女性は日傘と雨傘兼用のものを用意するのがいいでしょう。8月一杯の気候は7月頃と変わりませんが、9月から10月にかけては少しずつ下がり、平均気温は最低で22度、最高で30度、湿度も72%くらいになります。11月になると、気温も下がってきて湿度も落ち着き、香港の最も気候のいい時期が12月頃まで続きます。平均気温は最低で18度、最高で27度、湿度は70%で、昼間は半袖など薄着で充分ですが、夕方からは風が冷たく感じることもありますから、上着を用意して出かける必要があるでしょう。